読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コアラ日記

気が向くまま書いていきます。アラサー会社員、母親1年目です。

悩んでいる人に必要なもの

 悩んでいる人に必要なものは、寄り添いと見守りだ、と私は思います。

 母乳の出が良くて悩んだ母が、母乳の出が悪くて悩んだ私を理解するのは難しいでしょう。でも、母乳で悩んだ経験があるのは同じなのだから、そんなのミルク足せばいいと切り捨てるのでなく、私の悲しみに寄り添ってほしかったです。そのあとで、では私がどうしたいか答えを出すのを見守ってほしかったな。

 母に甘えているのはわかっていますし、最終的に母乳育児を諦める決断をしたのは私です。が、私の心の整理がつく前にミルクをどんどん足されてミルク育児になってしまったので、自分の選択に未だに自分で納得感が持てないんですよね。赤ちゃんもまだ母乳飲んでくれているし。

こんな感じで納得せず決断を急ぎすぎると、精神的に消化不良が起きるのではないかと思ったのでした。

悩んでいる人にアドバイスは不要

 悩んでいる人への接し方シリーズ。次に思ったのは、アドバイスは要らない、ということです。

 母乳育児で悩む私に母はあっさりと「母乳が足らないならミルクを足せばいい」と言い放ちました。悩んでいるものからしたらそんなの百も承知です。真剣に悩んでいる人は、大体は、アドバイスをくれる人よりもその問題について理解し考えています。それでも答えを出しきれない理由があるから悩んでいるのです。気軽なアドバイスは、悩んでいる人を逆上させたり、イライラさせたりする場合があるのだな、と思いました。

 では悩んでいる私に何が必要だったか...は、次回!

物は言いよう

何回も書いてますが私は母乳育児でとても悩み、悲しい思いをしました。そのとき、身近な母がよかれと思った言動がことごとく私を悲しませたので、自分は悩んでいる人にそんな思いをさせないよう!書き留めておきます。

 

 まず思ったのは、「物は言い様」だなと。

私は母乳不足だったのでそれをとても気にしていました。母も当然それは知っていたと思います。なのに毎日毎日何度も母乳が出てない出てないと言われてすごく辛かったです。最終的には母が家にいるだけで苦痛に感じました。

 せめて、うまく出てない、出が良くない、充分ではない、等と言い換えてくれれば気持ちも違ったのかな、と思いました。悩んだり悲しんだりしている人間は弱っていて、普通の人が聞いたらなんとも思わない言葉でも気にしてしまったりするんだ、と実感しました。相手が悩んでることは表現を柔らかくして伝えるようにしたいです。

整体に行ってみた

 前のブログにも書きましたが、あまりにも骨がボキボキなるので、2週間ほど前に整体で骨盤矯正を受けてきました!インターネットで検索し、産後の骨盤矯正に力を入れている!とうたっていた最寄りの隣駅にある整骨院へ。人生初の整体です。

 

 受けた感想!テレビで見るような感じで20分ほどボキボキされました...。別に産後でもやることはかわらないみたい。普通の整体でした。身体が固いので大音量でボキボキ鳴ってたし痛かった...でも終わったら身体がとてもすっきり!そして産後出ていたお腹がへこんでる!そして...

・ねじれがひどい

・肩関節が中に入っている

・股関節が固い

・このままでは肩や首が回らなくなる(!)

等々の指摘を受けました。特に肩はデスクワーク&猫背でひどい感じでした(゜ロ゜)自分でも日々気を付けなければいけないなぁ。

 隣駅まで行くのが面倒なので、整体を受けた整骨院に通い続けはしないけど、行きつけの整骨院を見つけて月1回くらいは通う!と決意しました。

 街中には整骨院てたくさんあるし、きれいな雰囲気の整骨院もあるので、気になる方は美容院行くような感じで気軽に行くとよいと思います(^_^)

身体のために

前のブログに書いた通り冷え、歪み、筋力不足が著しい私。体質改善を目指すことにしました!

2月に入ったくらいから

・朝一番と寝る前のラジオ体操及び肩甲骨エクササイズ

・寝る前等、気づいたときにストレッチ

・なるべく毎日、30分エクササイズ(骨盤体操→ストレッチ→スクワット、胸、お腹、背中、肩、二の腕のエクササイズを12回×3セット→クールダウンで30分くらい)

を、やっています。最後の30分エクササイズ以外は簡単なので、習慣がついてきました。エクササイズは、まだ、よしっやろう...という感じで習慣化まではもう少し。

ラジオ体操、真剣にやるとストレッチになっていいです!動きも簡単ですし。久しぶりにやると、右と左の可動域の違いがわかります...あと痛みがあったり。

肩甲骨エクササイズは、下記を参照に。

話題の「肩甲骨ダイエット」今すぐできる7つのエクササイズまとめ | ダイエットSlism

柔軟は適当です。自分が、固いなーと思うところを伸ばしてます。太もも裏とか肩、背中とか。元々からだが固く、姿勢も悪いので、これを機に改善したい。頑張ります!

 

母乳育児に失敗して気づいたこと ボディー編

母乳育児に失敗して気づけたことは身体面でもあります。

それは...血行不良、身体の歪み、筋力不足( ; ゚Д゚)

 

 母乳を増やすコツのひとつに身体をあたためることがあります。根菜を食べる、温かい飲み物を飲む、等々。そうして出産前の生活を振り返ると...

・ビールとアイス大好き

・デスクワークなのにストレッチも運動もろくにしない

・基本的に薄着

等、かなり身体を冷やす生活を送っていたことに気づきました(^_^;)そして母乳を増やすために肩甲骨を回していたらあまりにボキボキ言うので整体に行くと、ひどいゆがみと筋力不足、身体の凝り固まりを指摘されました( ̄ー ̄)私の体はガチガチに凝り固まって歪んで、かなり悪い状態だったんですね!!

 今の私の目標は大人になった娘と海外旅行に行くことです。そうすると自分の健康維持は絶対条件。こうして、重い腰をあげて健康維持のため、できることから取り組み始めました。また、やってることについても書いていきます。育児って自分が育てるだけではなく、自分もまた育てられる、と言われるのは本当だな、と思いました。

母乳育児に失敗して気づいたこと メンタル編

 母乳育児、私は半分諦めてしまいました。ミルクでもしっかり育つとわかってはいるけど、母乳で育てたかった私にとっては失敗です。でもその失敗から学ぶことがあったので記録しておきます。それは、

赤ちゃんは自分の意思とは関係なく変化し成長する

ということです。私は母乳で育てたかったんだけど、赤ちゃんは私の母乳が充分出るようになる前にたくさん飲むようになって夜もよく眠るようになって、授乳間隔もあいていきました。そんな赤ちゃんをまた頻回授乳させて母乳を増やすのは、赤ちゃんの成長を止めることのような気がして、私は母乳育児を半分諦めました。今回の母乳のことのように、赤ちゃんはきっとどんどん成長していくんだろうなと、ふと思いました。そんなときに私は、自分の思いや考えにこだわりすぎず、赤ちゃんがどんどん成長する方に気持ちを切り替えていきたいと思いました。

そして次の赤ちゃんがもし産まれたら、少なくとも母乳については同じ速度で成長していけたらいいなと思います(^_^;)