読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コアラ日記

気が向くまま書いていきます。アラサー会社員、母親1年目です。

無痛分娩でよかったこと

妊娠出産

無痛分娩でよかったことは4つです。

①陣痛の軽減

②陣痛が軽減される、という安心感

③出産をよく覚えていられる

④産後の回復が早い

 

①陣痛の軽減

私の場合、麻酔の効きが良い方だったのか、陣痛は麻酔によってほぼなくなりました。

私の分娩先は、陣痛のピークが100としたら、50くらいの段階で麻酔を入れてくれて、また痛くなったら足してくれました。

麻酔入れる前の陣痛は、なんとか会話が出来るかなというレベルの痛さでした。これでまだ50としたら出てくる瞬間はどんなに痛いんだ...!と思いました。そんな、人生イチの痛みを避けられてよかった。

 

②陣痛が軽減される安心感

これ、個人的には大きなメリットです。産む前にこう思いました。初産だから陣痛の痛みはわからないし、もしかしたら麻酔も効きが悪いかもしれない、それでも普通に産むよりは絶対、痛みについては楽なんだ、と。こう思うことで精神的に安心して出産にのぞめました。

 

③出産をよく覚えていられる

自然分娩だと、痛みで気が遠くなりそうになってたら産まれてた...って感じだと母から聞きました。無痛分娩は、痛みはほぼなくなりますが、赤ちゃんが出てきている感覚は残るので、私は娘が出てくる感じをはっきりと覚えています。立ち会いした母や助産師さん、主治医の先生の優しい言葉もです。そして何より、娘が出てきたときの顔をしっかりと目に焼き付けることができました。目は閉じていたけど、驚いたような不安なような、そんな表情でした。少しして産声をあげました。あの瞬間の風景は生涯忘れないと思います。

 

④産後の回復が早い

これも、自然分娩してない自分は比較ができないけど、一般手には早いみたいです。入院中に来てくれた母や親戚に、もうそんなに歩けるの、と驚かれました。5日ほど入院してましたが、その間にゆっくり歩くのは支障がないくらいに回復しました。

 

次は良くないこと、というかデメリットを書きます。