コアラ日記

気が向くまま書いていきます。アラサー会社員、母親1年目です。

私の無痛分娩レポ2 当日 分娩まで

無痛分娩当日です。

 

私は破水から始まりました。破水後は赤ちゃんが菌に感染しやすくなると聞き、破水ってわからずお風呂とか入っちゃったらどうしよ...と、破水に必要以上に気を付けていたせいか、すぐ気づけました。

夜中3時頃、もらした?と思って目覚めたのですが、トイレにいってもお小水は出ず。気のせいか...と思って寝ようとするも寝れず、また水のようなものが出てくる感覚。気のせいかもと思いつつ、親を起こして病院に連絡し、生理用ナプキンを付けてすぐ向かいました。病院についた途端、どばーっと水が出てズボンがびしょびしょに濡れました!ここまでになったら誰でもわかるだろうな。

 

その後すぐ分娩室で待機となりました。私の出産したところはいきみを待つ段階からお産の後まで1つの部屋で過ごせました。そのうちに陣痛も始まってきて、先生も到着。時々子宮口と、メーターでお腹の張り確認しに来てくれました。そして、陣痛がピークの半分くらいのところで子宮口も開いたらしく麻酔投入!背骨の隙間から麻酔を注入するそうで

背中は全開です。これであの先生に見られてないところは胸とお尻くらいしかないな...(^^;

 

麻酔投入後は、だんだん痛くなってきてた陣痛が、本当にすーと引いて驚きました!立ち合いは母のみだったのですが、いつも通り会話できました。ただ、だんだんお尻を押されてるような感覚が強くなってきました。これは赤ちゃんがおりてきている感覚、と知るのは助産師さんに聞いてからの話。

 

先生は外来診察の合間に時々来る感じでしたが、助産師さんはずっと部屋にいてくれました。陣痛の強さを示すメーターを見ながら、いきみはじめといきむタイミングを指示してくれました。それに合わせていきむというのを、産まれるまで繰り返しました。これが二時間くらい続いて、かなり疲れました。自然分娩だと陣痛で自然といきみが強くなるから、もっと短いんでしょうね。先生には体力不足だよ~と、お産の後、笑いながら言われました(^^;

頭が大きいから帝王切開かも、と言われていたのですが、下から産みました。

赤ちゃんが出てきたときのことは忘れないと思います。びっくりしたような表情で手をバタバタさせながら出てきました。すぐ泣かなかったので心配になりましたが、羊水を飲んでたのかな?スポイトみたいなもので水を出されたら泣いたので、あぁ無事出てきたんだ...と、ほっとしました。嬉しいより安心が先に来ましたね。

 

つづく。