読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コアラ日記

気が向くまま書いていきます。アラサー会社員、母親1年目です。

産婦人科の先生たち

 出産を経て、産科の先生すごい!と思ったので書いておきます。

 私の産院は個人でやっていて、先生は一人です。明治時代!に開業したとこでした。先生は家業だから、継いだんだと思います。

 しかし、産科の先生ってすごい。そこは地元では評判の良い産院だったので、外来にもたくさんの人が訪れていました。先生は、なんと!外来診察をしながら、合間にお産を手伝っていました。時々、なかなか診察進まないな?という時があったのですが、自分がお産をしてわかりました...。そして、その先生、休診日である日曜も、病院で赤ちゃんの様子をチェックされていました。

 お産はいつあるかわからないから、きっとお酒もそんなには飲めないし、遠出もできない。仕事は体力的にも大変だし、命を扱うからプレッシャーも重い。休みもあってないようなもの。そんな生活を、家業とはいえ続けるのは大変だろうなと思いました。でも先生には、それが普通なんでしょうね。なんというか、会社員である自分と医師である先生との、働くことへの意識の違い、プロ意識の違い、を見せつけられたような気がしました。

 自分はそんなに働くこと中心の生活はしたくないけど、時間内だけでも先生のようなプロ意識を持って働きたいと思いました。

 全国の産科の先生にありがとうと言いたい。あなた方のお陰で、日々新しい命が誕生しています。